GO TODAY SHAiRE SALON Yokohama

横浜には1920年代に建てられた鉄筋コンクリート造のビル群、数多く残る木造の西洋館等、100年以上前の西洋風の建物を生き生きと使いながら残す文化があります。
シェアサロンという新しい用途の空間でありながら、レトロな趣を残す街に違和感なく馴染むデザインを検討していきました。

以前設計させていただいた原宿の店舗からの改善点として、複数のフリーランスの美容師の利用に耐えられる、壁の防汚性や強度、個室間の音の問題など、機能的な対策が求められました。
現代ではクラシックな装飾として取り入れられることの多い、開口部の枠や腰板、巾木などのモールディングを、防汚対策や補強等の従来の機能的な要素として取り入れることで、横浜に残る洋館の設えに重ね合わせています。


また、音の反響対策としてオフィス仕様の吸音板の天井をそのまま塗装して利用したり、釉薬の塗られたタイルをマッシブに使用したりと、横浜の街に断片的にみられる要素を組み合わせています。

多店舗展開をする中で単調になりがちなインテリアに、地域性を持たせるデザインと、コストコントロールの両立に挑戦しています。
 

神奈川県横浜市
ヘアサロン

竣工 2019年9月

設計 CANOMA 横山信介
施工 ハコリ

Media

ArchDaily 2020.01.05

FRAME 2020.01.20

GO TODAY SHAiRE SALON Yokohama

Location: Yokohama Kanagawa

Open: sep.2019

Photographer: Tomooki Kengaku